運動療法
 

運動療法について

普段使っていない筋肉に刺激を与え、
バランスを整え症状を緩和させていきます

運動療法TRF当院で行っている運動療法は、保険治療の一環として行っています。なぜ運動療法を始めたかと言うと、腰、膝、肩の痛みなどは運動不足によって起こる症状だからです。
筋力不足により負担がかかりやすくなり、日々の積み重ねにより痛みが発生します。
また、お仕事で長時間イスに座っている方、悪い姿勢で長時間いる方なども、使われる筋力が限られ体のバランスが悪くなり、痛みが出てしまいます。
これらの症状を改善する為に、バランスボール・ストレッチポールなどを使い普段使っていない筋肉に刺激を与え、左右のバランスを整え症状を緩和させていきます。


インナーマッスルは弱い刺激でもトレーニング出来ます!

身体がかたい例えば、立った姿勢で前屈して手が床につかない人がいると思いますが、それは腰部のインナーマッスルを上手く使えていないケースが多く有ります。腰部のインナーマッスルは姿勢が悪いと萎縮してしまいます。腰部のインナーマッスルが使えないと腰椎(腰の骨)が上手く動かず前屈に制限が出てしまいます。
この状態でいると、腰痛などの症状が出てしまいます。

バランスボール当院では、このような方にはバランスボールをお勧めしています。約1分間骨盤を動かすだけで、手が床に着くようになります。インナーマッスルは弱い刺激でトレーニングが出来るので体に無理なく鍛えられます。
他にも手を後ろに回して手が付かない方もTRXやストレッチポールを使い肩甲骨の正しい動きを再現し、周りの筋力トレーニングをする事により肩甲骨の可動域が広くなり肩の動きがスムーズになります。


バランスボール ストレッチポール

バランスボール             ストレッチポール

TRXに力を入れています

TRXまた、当院で力を入れているTRXは、サスペンションを使い自体重でトレーニングをする道具になります。一点支持の不安定な状態な為、腕、肩などのトレーニングでも体幹を使わないとバランスが崩れてしまいます。一か所を集中的に鍛える事も出来ますが、全身を同時にトレーニングする事が出来ます。
筋力トレーニング以外にも、可動域を広げる運動、リハビリのサポートとして使う事が出来ます。
しっかりとトレーニングをしたい方にもお勧めです。

この様に運動し筋肉に刺激を加えるだけで動く範囲が広がり、痛みの原因を根本から治療し、今後の予防にもなります。
結果には個人差が有りますが、継続的に定期的にやることにより必ず結果は付いてきます。
患者様1人1人に合ったメニューを私達が考えますので、お気軽にご相談、来院下さい。

手技療法だけでなく、運動療法をする事により根本から治療していきましょう

お知らせ

治療案内

各種保険取扱(往診可)・交通事故・
労災・自費治療(鍼灸・マッサージ)・
運動療法

対応可能症状

骨折・脱臼・ねんざ・打撲・挫傷等 (肩・腰・膝の痛みなどご相談下さい) ・スポーツ外傷・交通事故治療

 

キューポラ接骨鍼灸院

キューポラ接骨鍼灸院外観

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-10-9

受付時間
10:00~20:00

※日曜、祝日は10:00~19:00まで

休診日:年中無休

048-257-1131

JR京浜東北線 川口駅より徒歩3分 そごう裏

 
スマートフォン | パソコン